[new]無料システムトレードのエコトレFXを始めたのでレビューします

■南アフリカランド取引メニュー

「南アフリカランド@FX」へご訪問頂きましてありがとうございます。
当サイトでは南アランド取引のトレードのコツや業者選択のポイントなどを
ご紹介しています。南アランド取引初心者の方からこれから稼ぎ方を
学びたいという方まで、幅広い方にご参考頂いている総合サイトです。



■人気の南アランド取引!高金利通貨で一番お得な業者は?


当サイトへお越し頂いた方はFXでの南アフリカ投資に興味がある方が多いと思います。南アフリカランドと言えば数年前から高金利通貨の代名詞として日本人の投資家に注目されている投資対象です。その金利は過去平均で10%を超える高水準にあります。過去にもっと高い時で2003年の13.5%もありました。現在はやや下がって10%を割っていますが、基本的に常に高金利で推移しています。

南アフリカランドをFXで取引する場合はこの金利(スワップポイント)に着目して長期投資をする手法が一般的ですが、実はこのスワップポイントというのは業者によって大きく違うのです。

過去に色々な業者の南アフリカランドのスワップを比較してきましたが最も高いところと最も低いところでは約20%近く違います。(1万通貨単位で受け取るスワップが1日30円と25円程度の開き)この5円の差はそのまま証券会社の利益になるわけですからなるべくスワップの高い業者で取引する方が得策です。(スワップの低い業者はスプレッドが低いなど他の点で優位性がある場合が多いです。)

例えば50万通貨を取引してスワップが30円(A社)と25円(B社)なら・・・
A社での年間受取スワップ:50×30円×365日=547,500円
B社での年間受取スワップ:50×25円×365日=456,250円

なんとその差は547,500円-456,250円=91,250円!!たかが5円の差でも長期投資の南アフリカランドからすると日数を積み重ねるごとに雲泥の差になってきます。






■南アフリカランドを取引できる主要FX業者10社を徹底比較!


上記のFXCMジャパン証券は特徴的なスワップポイント提供の方針を取っているため 長期のスワップ派最もお勧めですが、中には南アフリカランドで短期売買をしたい(そういう方はスプレッドが小さい業者がお勧め)、 少ない資金でFXを始めたい(そういう方は取引単位が0.1万通貨〜のところがお勧め) など色々な状況がありえると思います。

以下は南アランドを取り扱う主要FX取引業者の比較表になりますので 少しでも有利な条件・条件にマッチした環境で取引できるようご参考下さい。

スワップポイントは過去の提供スワップに基づく評価で 「5(常に高い)」「4(比較的高い)」「3(標準レベル)」「2(やや低い)」「1(スワップ投資に不向き)」 で5段階で評価しています。是非ご参考下さい。

取扱業者 手数料 取引単位 信託保全 スワップ 申込み
 ■FXCMジャパン証券
(総合人気NO,1)
6pips 1万通貨 【5】 詳細
 ■マネーパートナーズ 3.8pips 1万通貨 【3】 詳細
 ■FXプライム 6pips 1万通貨 【3】 詳細
 ■MJ (エムジェイ)
(手数料最安!短期売買なら!)
2.5pips 1万通貨 【3】 詳細
 ■セントラル短資 6pips 1万通貨 【4】 詳細
 ■EMCOM証券 4pips 1万通貨 【2】 詳細
 ■FX Online Japan 5pips 1万通貨 【4】 詳細
 ■外為どっとコム
(0.1万通貨〜!少額開始なら!)
6pips 0.1万通貨 【4】 詳細
 ■サイバーエージェントFX
(0.1万通貨〜!少額開始なら!)
4pips 0.1万通貨 23円 詳細
 ■外為オンライン 15pips 10万通貨 【4】 詳細

            ※「手数料」はスプレッド+取引手数料で算出しております。
            ※スプレッドとは購入時と売却時に発生する差額手数料です。
            ※スプレッドは相場急変動時にはこの限りではありません。
            ※スワップは2009年7月のデータを基に評価しています。


当サイトでご紹介しているFX業者はランドを取り扱っている大手FX会社のみとなっており、もちろん信託保全も万全ですので安心して取引が可能です。皆様方のトレード手法によって最適なFX業者は変わってきますが、基本的に南アフリカランドはスワップ投資対象として選択する方が多いと思いますのでFXCMジャパン証券が最も人気がありますしお勧めです。

また、今回50万円以下(参考ライン)の資金で南アフリカランド投資を始められる方は1万通貨での取引は資金量に対して取引単位が大きくなりますので0.1万通貨から取引できる業者をご利用する方が無難だと思います。0.1万通貨から取引できる業者では、サイバーエージェントFX が他社に比べて手数料・スワップ・資金管理など優位性の高いサービスを提供しております。また初心者の方には4年連続業界NO.1の業界最大手 外為どっとコム が、その信頼性や情報提供量、操作性の容易さからオススメできます。

短期売買を行う方は取引回数が必然的に増えてきますので手数料(スプレッド含)が安いところがいいですので、スプレッド2.5pipsのMJ(エムジェイ)や、スプレッド3.8pipsのマネーパートナーズが人気が高いです。


■直近の南アランドの推移を知る!今は買い時?売り時?


南アフリカランドを保有する際は(特に長期で保有する際は)ヒストリカルで見た際にどれくらいの水準で保有するかがポイントになります。南アフリカランドでスワップを獲得するには買いでポジションを建てるためなるべく安い時にポジションを立てた方がいいということになります。

推移

上記は2002年1月以降の南アフリカランド円(ZAR/JPY)の推移チャートですが、2006年に19円台まで上昇した後にサブプライムショック・リーマンショックなどが重なった2008年には8円近くまで下落しました。そして昨今は徐々にレートが回復してきているフェーズです。

過去の南アフリカランドの推移を見ると上記の期間ではおおよそ8円〜19円程度で推移しており過去の終値の平均レートで見ると14円台が平均になります。つまり14円台以下であればヒストリカルに見た場合に割安であるということが言えまので、現在の市場で南アフリカランドを買い付けておくことは長期投資の観点から見た場合に得策と言えるでしょう。買えば必ず上がるという意味ではなく、相対的に割安な時に買い付けて長期保有することで安定運用を目指せるという意味で今は南アフリカランドを保有する1つの好機と言えるでしょう。

各コンテンツを見て頂くとわかりますが南アフリカランド投資ではその圧倒的な高金利を利用して非常に有利な投資を行うことができ、安定的かつ効率的な運用が可能です。是非各コンテンツをご覧頂いて、ご自身のニーズにあった取引業者をお探し頂けたらと思います。アナタも数々の勝ち組トレーダー達が今も保有し続けるランド取引を通じてFXの勝ち組に駆け上がって下さい!