■政策金利上昇の背景


ここではなぜ南アフリカランドの金利が上昇するかについて説明してみましょう。 各国の金利はやみくもに上昇・下落するわけではなく通貨当局の決められた指針により変動します。

現在の南アフリカランドの金利はインフレターゲットという金融政策をとっています。インフレターゲットとはインフレ率(物価率)がある一定のレンジに納まるように金利を調整することです。

南アフリカ準備銀行(SARB)は2000年よりインフレターゲット政策を採用しており、2002年からはCPIX(南アフリカの物価率)の上昇率が3〜6%の範囲に収まるように金融政策を運営しています。

以下は南アフリカのインフレ率の推移です。

   


現在の水準を見るとブルーのラインで示したインフレターゲットのレンジを上抜けておりインフレ傾向が強いことが分かります。金利を上げるとインフレ率が下がり、金利を下げるとインフレ率が上がりますので、南アフリカの通貨当局はインフレ率を抑制するために金利を上げています。

現在、日本との政策金利差は依然高く、長期を見越したスワップ投資には非常に好材料になっております。    


■人気の南アランド取引!高金利通貨で一番お得な業者は?


これからFXの南アフリカランド投資を始める方は業者選びが非常に重要です。 南アフリカランド投資は長期投資になるためスワップポイントの高さと安定感が業者選びの際のポイントです。

過去に色々な業者の南アフリカランドのスワップを比較してきましたが最も高いところと最も低いところでは約20%近く違います。(1万通貨単位で受け取るスワップが1日30円と25円程度の開き)この5円の差はそのまま証券会社の利益になるわけですからなるべくスワップの高い業者で取引する方が得策です。(スワップの低い業者はスプレッドが低いなど他の点で優位性がある場合が多いです。)

例えば50万通貨を取引してスワップが30円(A社)と25円(B社)なら・・・
A社での年間受取スワップ:50×30円×365日=547,500円
B社での年間受取スワップ:50×25円×365日=456,250円

なんとその差は547,500円-456,250円=91,250円!!たかが5円の差でも長期投資の南アフリカランドからすると日数を積み重ねるごとに雲泥の差になってきます。

ではどの業者で南アフリカランドを取引すれば最も高いスワップを獲得できるのでしょう?スワップ投資家の中では非常に有名な話ですが1円でも高いスワップを獲得しようとするならFXCMジャパン証券で取引するのが最も得策です。

これには理由があってFXCMジャパン証券ではFX業界最高のスワップポイントを常に提示し続けるために毎営業日、他主要FX各社の提示額を調査・比較した上で、スワップポイントを決定するという方針で運営されているためFXCMジャパン証券のスワップが他社比で最も高くなるのです。FXCMジャパン証券は当然取引手数料は0円ですし、顧客資産の保全面でもSG信託銀行と信託契約を締結し、信託口座にて顧客資産を管理しているため南アフリカランドと取引する上で最も優位性の高い業者です。


>>毎日最高スワップ!南アランドで長期投資ならフォーランド<<



■南アフリカランドを取引できる主要FX業者10社を徹底比較!


上記のFXCMジャパン証券は特徴的なスワップポイント提供の方針を取っているため 長期のスワップ派最もお勧めですが、中には南アフリカランドで短期売買をしたい(そういう方はスプレッドが小さい業者がお勧め)、 少ない資金でFXを始めたい(そういう方は取引単位が0.1万通貨〜のところがお勧め) など色々な状況がありえると思います。

以下は南アランドを取り扱う主要FX取引業者の比較表になりますので 少しでも有利な条件・条件にマッチした環境で取引できるようご参考下さい。

スワップポイントは過去の提供スワップに基づく評価で 「5(常に高い)」「4(比較的高い)」「3(標準レベル)」「2(やや低い)」「1(スワップ投資に不向き)」 で5段階で評価しています。是非ご参考下さい。

取扱業者 手数料 取引単位 信託保全 スワップ 申込み
 ■FXCMジャパン証券
(スワップ最高!総合人気NO,1)
6pips 1万通貨 【5】 詳細
 ■マネーパートナーズ 3.8pips 1万通貨 【3】 詳細
 ■FXプライム 6pips 1万通貨 【3】 詳細
 ■MJ (エムジェイ)
(手数料最安!短期売買なら!)
2.5pips 1万通貨 【3】 詳細
 ■セントラル短資 6pips 1万通貨 【4】 詳細
 ■EMCOM証券 4pips 1万通貨 【2】 詳細
 ■FX Online Japan 5pips 1万通貨 【4】 詳細
 ■外為どっとコム
(0.1万通貨〜!少額開始なら!)
6pips 0.1万通貨 【4】 詳細
 ■サイバーエージェントFX
(0.1万通貨〜!少額開始なら!)
4pips 0.1万通貨 【3】 詳細
 ■外為オンライン 15pips 10万通貨 【4】 詳細

            ※「手数料」はスプレッド+取引手数料で算出しております。
            ※スプレッドとは購入時と売却時に発生する差額手数料です。
            ※スプレッドは相場急変動時にはこの限りではありません。
            ※スワップは2009年7月のデータを基に評価しています。


当サイトでご紹介しているFX業者はランドを取り扱っている大手FX会社のみとなっており、もちろん信託保全も万全ですので安心して取引が可能です。皆様方のトレード手法によって最適なFX業者は変わってきますが、基本的に南アフリカランドはスワップ投資対象として選択する方が多いと思いますのでFXCMジャパン証券が最も人気がありますしお勧めです。

また、今回50万円以下(参考ライン)の資金で南アフリカランド投資を始められる方は1万通貨での取引は資金量に対して取引単位が大きくなりますので0.1万通貨から取引できる業者をご利用する方が無難だと思います。0.1万通貨から取引できる業者では、サイバーエージェントFX が他社に比べて手数料・スワップ・資金管理など優位性の高いサービスを提供しております。また初心者の方には4年連続業界NO.1の業界最大手 外為どっとコム が、その信頼性や情報提供量、操作性の容易さからオススメできます。

短期売買を行う方は取引回数が必然的に増えてきますので手数料(スプレッド含)が安いところがいいですので、スプレッド2.5pipsのMJ(エムジェイ)や、スプレッド3.8pipsのマネーパートナーズが人気が高いです。