■取引手数料で比較


南アフリカランドはどの業者を使うかによって取引環境が大きく異なってくるのはここまでの説明で理解頂いたかと思います。ここからは各比較項目ごとに見てみましょう。まず第一の比較ポイントは手数料です。

FXの手数料は南アフリカランドに限らず「取引手数料」と「スプレッド」の2つから成ります。手数料が安くてもスプレッドが高ければ合計の手数料は高くなるので注意が必要です。業者ごとに取引手数料を比較する場合は「売買手数料+スプレッド」を比較していきます。以下は南アフリカランド取扱い業者の「売買手数料+スプレッド」の比較になります。各FX業者を比較すると
手数料はMJ(エムジェイ)が2.5pipsと最も安くなっています。

また、スプレッドを比較する上で大切な事は相場の急変時にもスプレッドが拡大しないことです。重要な統計が発表された際などにはスプレッドが大きく開く可能性がありますので、注意が必要です。ランドに関しては市場での流動性が乏しいこともあり平時でもスプレッドが拡大しやすい通貨となっております。FXCMジャパン証券マネーパートナーズあたりは比較的安定したスプレッドを提供しているので、安定した取引環境という点では推奨しています。    

長期投資ではなく短期投資をお考えの投資家の方は少しでも手数料が安い業者で取引をすることが大切です。以下、手数料ランキングになりますのでご参考にして頂けたらと思います。
  


             <南アフリカランド手数料ランキング>

     MJ(エムジェイ)

  http://www.mj-net.jp/m/index.html

  ■ 手数料:2.5pipus(スプレッド2.5pipus+売買手数料0円)
  ■ 奇跡のスプレッドで有名なMJ。他通貨のスプレッドも非常に魅力的!
  ■ 相場急変時にはスプレッド拡大もあり、上級者向けです。
  ■ 2007年度下半期のFX取扱高NO.1の業者です。


     マネーパートナーズ

  http://www.moneypartners.co.jp/money_mp3/index.html

  ■ 手数料:3.8pipus(スプレッド3.8pipus+売買手数料0円)
  ■ FX専業企業として初めての上場企業。安心感は抜群。
  ■ スプレッドに関しても比較的安定しています。
  ■ 大手資本の入った安定感がある経営スタイルも人気。


     サイバーエージェントFX

  http://www.gaikaex.net/accountform/regist1.html?cid=af_xmattc_b

  ■ 手数料:4pipus(スプレッド4pipus+売買手数料0円)
  ■ 1000通貨単位で取引可能なのは魅力的。
  ■ 携帯での取引も使い勝手良く、ユーザビリティ◎
  ■ イメージキャラクター魔裟斗で有名。急成長中の業者。



[上級者向け]手数料重視なら【MJ】ランド/円2.5銭!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 


■南アフリカランドを取引できる主要FX業者10社を徹底比較!


以下は南アランドを取り扱う主要FX取引業者の比較表になりますので 少しでも有利な条件・条件にマッチした環境で取引できるようご参考下さい。

スワップポイントは過去の提供スワップに基づく評価で 「5(常に高い)」「4(比較的高い)」「3(標準レベル)」「2(やや低い)」「1(スワップ投資に不向き)」 で5段階で評価しています。是非ご参考下さい。

取扱業者 手数料 取引単位 信託保全 スワップ 申込み
 ■FXCMジャパン証券
(スワップ最高!総合人気NO,1)
6pips 1万通貨 【5】 詳細
 ■マネーパートナーズ 3.8pips 1万通貨 【3】 詳細
 ■FXプライム 6pips 1万通貨 【3】 詳細
 ■MJ (エムジェイ)
(手数料最安!短期売買なら!)
2.5pips 1万通貨 【3】 詳細
 ■セントラル短資 6pips 1万通貨 【4】 詳細
 ■EMCOM証券 4pips 1万通貨 【2】 詳細
 ■FX Online Japan 5pips 1万通貨 【4】 詳細
 ■外為どっとコム
(0.1万通貨〜!少額開始なら!)
6pips 0.1万通貨 【4】 詳細
 ■サイバーエージェントFX
(0.1万通貨〜!少額開始なら!)
4pips 0.1万通貨 【3】 詳細
 ■外為オンライン 15pips 10万通貨 【4】 詳細

            ※「手数料」はスプレッド+取引手数料で算出しております。
            ※スプレッドとは購入時と売却時に発生する差額手数料です。
            ※スプレッドは相場急変動時にはこの限りではありません。
            ※スワップは2009年7月のデータを基に評価しています。